カードローンを効率的に使う方法 21/11/2014

カードローンは、やっぱり限度額を上げつつ使用していくのがいいですね。最初の判定だとどうしても大きな額にはなりませんし、だからといっていくつものカードローンで債務を抱えるのはリスクが大きすぎますし。誠意ある返済を繰り返し、信頼を積み重ねて、借りられる金額を徐々に大きくしていくのが賢い使い方だなと思います。

私はプロミスのキャッシングを利用していますがカードローンの限度額が増額できることを知らないという人がいると聞いて、ちょっともったいないなと感じました。その範囲で問題なく使用できているのなら構わないと思いますが、わざわざ他社のカードローンを利用して、多重債務の状態になっているとすると問題です。

昔は自動的に限度額の増額手続きをしないか、誘いがあったのだそうですが、今はあまり見ません。だからこそ便利に活用できるカードローンにするためには、自分から積極的に希望を出していくことが大切なのだと思いますね。

Comments (0)

債権譲渡の恐怖

私は以前、ある消費者金融でキャッシングをしていました。彼女にばれないようにこっそりとキャッシングをしていたのですが、支払いが滞ったわけでもないのに、突然、弁護士から自宅に債権譲渡の手紙が送られてきて、彼女にばれてしまいました。

過払い請求の過熱により現在の貸金業界はなかなか経営が厳しいようで、会社再生や譲渡などを行う事も珍しくないようです。キャッシングをする場合は、まずその会社が経営的に安全かどうかをチェックしてからの方が良いかもしれません。得体の知れないところに債権が譲渡されてしまうと後悔してもあとの祭りになりますから。

現在、利用している消費者金融が不安であれば、銀行など大手をバックにもつ会社の借りかえなどを利用するのも手かもしれません。借りかえの場合ですと金利が下がるケースが大半ですし、債権譲渡などのリスクもグッと下がりますからメリットも大きいような気がします。

Comments (0)

キャッシングの利用方法

キャッシングとは金融機関が無担保、保証人無しで個人に小口融資をすることをいい、銀行系、信販系、消費者金融などのキャッシングがあります。キャッシングに申し込むには一定の収入があれば主婦やアルバイト、自営業の方でも申し込むことができます。

申し込みから契約まで完了するには、審査を受ける必要があります。審査基準はキャッシング会社によって違ってきますが、一般的には年収、勤続年数、住居年数などを厳しくチェックされます。この審査を通らなければ借りることが出来ないので、申し込みの際には正しい情報を記入することが最も重要です。

キャッシングを利用るすにあたってお金を借りるわけですから当然利子も付いてきます。10日や30日間といった借入期間が短い場合は、一定期間無利息サービスといったキャッシング会社もあるので上手に利用してみましょう。

Comments (0)

もっと気軽にキャッシングもありだと思います

最近、予定外の出費に見舞われてしまい困っていたのですがなんとかキャッシングの利用で乗り切る事ができました。

かれこれキャッシングは数回使っています。物などを買うのはクレジットカードで大体のものは買う事が出来ますが、予想外にカードの買物の金額が高かったりすると口座に入金する為に現金が助かるんですよね。クレジットカードで買物すると買物した日から支払いまで日数がかかるからつい忘れてしまう事があるんです。

数日後には給料がでるのですがクレジット会社に連絡して待ってもらうのもなんだか悪いリストに載ってしまいそうだし、友達に借りるのもなんだか申し訳ないって時はキャッシングで解決させてしまいます。

最初に利用する時って緊張しますが意外なほど申し込みが簡単でスムーズにいったのとコンビニATMを使えたというのがとても便利で、もっと皆気軽に利用してもいいのにと思います。

Comments (0)

キャッシングをすること

お金に困ったときに消費者金融からお金を借りました。以前に契約をしていてカードが発行されていたのですぐにキャッシングをすることができて助かりました。

給料日前などピンチの時は迷わずキャッシングを利用しています。そうすることで一時的ですがしのぐことができています。キャッシングをしたお金に対しては利息がかかります。もちろんそれを分かった上での借入です。きちんと返済ができる前提でお金を借りないといけないと思っています。

多くの人がキャッシングの経験があるかと思われます。お金が足りなくてつらい思いをするよりも割り切って借りたほうがいい場合もあります。後ろめたいところがあるでしょうがキャッシングをすることは決して悪いことはありません。お金に困ったときの助け船になりますので上手に消費者金融とのお付き合いをしていきましょう。

Comments (0)